<   2006年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧

少し前の。

d0015489_1132054.jpg

よく晴れた日に、
桜の木の下はつつじが咲く通りがあって、
歩いた。


キレイだった。



ス-パ-サッカ-、
え!!レミオロメン?!
『フェスタ』『南風』が流れた。
藤巻くんの声、レミオロメンの音はまずいよ~。
聴き入って、肝心なコメント聞いてやしない。


もうすぐワ-ルドカップなんだなぁ~。
ちょっとドキドキしてきてる。


ジダンが引退かぁ~。
フランスワ-ルドカップの時、ジダンって26歳だったよ~な、そう言えば。
え!26歳なのって思ったの覚えてる。
今見ても、そんなにあの頃と変わってる様子は見えないのに、
本人はよく分かる事なんだろうなぁ。


久々にマイケル・J・フォックス見た。
頑張って欲しい。好きな俳優の一人。
健康がどれだけ幸せなのか、考えた土曜日。
[PR]
by repaa | 2006-04-30 01:13 | 日記 | Comments(0)

cafeの写真のせたのに、

d0015489_23102720.jpg


映画の話。
水曜日、前から行きたかった『マイ・ア-キテクト』観てきた。

やっぱり、Q- AXビルと言ったら、
6 cafeに入ってからになってしまう。
アイスクリ-ムオリジナルらしいけど、
この食感って記憶ある。
コ-ヒ-と交互に食べて、
カフェジェラ-ドみたい。笑。


Q‐AXシネマは、真っ赤なイス。
そして今回水曜日なのに、コアな人しか観ないのか、
驚く程、マナ-が皆イイ。
エンディングにさっさと出る人が必ずいるはずなのに、
皆、本当に本当に終わりまでいた。
ちょっと感動したなぁ。

やっぱり、建築に興味ある人々が来たのかなぁ。
どんな動機でここに来たんだろう?
ちょっと皆の動機が知りたくなった。




この映画は実在する有名建築家(ルイス・カ-ン)の息子の、
父と向き合う旅の話。
ドキュメンタリ-。
実話で、建築の話。これは観たいと思った。

凄いスケ-ルの、外観は人を寄せ付けないような、
圧倒的な存在感の建物だったり。
中が凄く素敵でア-トな図書館だったり、国会議事堂だったり。


建築家は街さえも作る事もあるらしい。
もしかしたら、彼に任せていたら、フィアデルフィアの街も変わっていただろう。


主人公の息子は、世間的に認められていない息子だ。
ルイス・カ-ンは才能はあったかもしれないけど、
愛人が二人もいる。本妻もいる。
二人は、生涯独身を貫いてる。
アンは凄く魅力的だし、主人公のママも可愛い人だし、
ルイス・カ-ンは、やっぱり魅力的だったのかなぁ。
あの時代を思うと、とてつもない決心をしてシングルマザ-になったんだと思う。


主人公は11歳で父を失う。
心のもやもやがあったのか、
それともやっと向き合う事が出来たのか、
父が残した建築物を、世界中くまなく見てゆく。
そこで、父と関りある人から、
父の話を聞く。

話を聞いてるのもいいけど、
やっぱり建物、映画の中なのに圧倒される。


建物にも力があるんじゃないかって、
ルイス・カ-ンの作った建物を見ては、思った。


作るって素晴らしい。
[PR]
by repaa | 2006-04-27 23:10 | 映画 | Comments(0)

大人買い?

d0015489_046591.jpg


CDは一度に1枚ずつ買った方が、
その1枚を大切にしそうで、
2枚買うの、躊躇するくせに。
(なぜか2枚一緒に買うと、その2枚聴かなくなってしまうケ-スが多いのだ)



DVDとCD3枚。
珠にはいいんじゃない。って事にして。
しかし、あ、この某タワレコ店員さんに当たりたくないな・・って
思ってた人に当たったら、
案の定、おまけ貰い損ねる所だった。
前も、あ、この人(別な人)避けたいな・・って
思ったら、やっぱりおまけ貰い損ねた。
新宿タワレコみたいに、お客が店員さん選べるといいのに。

大した事じゃないでしょ?!みたいな顔して渡されたステッカ-。
切ない思い出に。パシャリ。笑。


DVDは後からのお楽しみ。
本みたいな感じになってて、中のフォトいい感じ。
すっかりご機嫌。笑。

who the fuck are arctic monkeys?
詞に衝撃!!
誰でも憧れる対象物が欲しいのさ~♪
5年後は「ア-クティック・モンキ-ズって誰だっけ?」と言われない保証はない~♪
とか、アレックス。。
凄い人。



モ-ツアルトがジャズに。
クラッシックもジャズも好き。
お馴染みの曲が思い描いたのと違うメロディに気持ち悪さがあるけど、
面白いなぁ、モ-ツアルトのジャズバ-ジョン。
珠に、楽しいなぁ、こういうの。



Big Stridesは言う事無し!
1曲だけじゃなく、初めから最後まで、
声、音、ベ-ス。
お気に入り。
この感じ好き!
[PR]
by repaa | 2006-04-26 00:46 | 音楽のこと | Comments(0)

思ったより。

d0015489_0435275.jpg


好きかも。
カエラ姫は、最初可愛いと思って、
去年のサマソニ特番に出た時のト-クだったり、外見だったり、
何だか恐くて、
よく分からなくなってた。

けど、
やっぱり可愛いなぁ。

某輸入品を取り扱ってるお店で、100円くらいで売られてた。

予想以上です。


アルバム、やっぱり欲しいかもしれないと思った。
ジャケがう~んだけど。


好きな声だし。



音楽に対する比重が、やっぱり前程じゃなくて、
アンテナが立たない。




レミ野外もサマソニも行けないや。
お盆、
帰って来てって、当たり前の事言われた。
そうだよなぁと思う。
8月13日は毎年お墓参りしてた。
去年はサマソニで遊んじゃった。
だからって訳じゃないけど、
やっぱり。
今から、実家に集まる人の数を考えると憂鬱になるけど、
苦手だけど、おもてなし、しないとなぁ。
おばぁちゃんみたいには出来ないよ。
一応、あのおばぁちゃんの孫っていう世間の目もあるし、
頑張るよ。



寝る前に聴く音楽が沁みこむとか聞いた。
BGM:oasis 『Champagne Supernova』
    日曜日の朝に聴きたい曲で、日曜日の終わりに(今日はもう月曜だけど)聴きたい、
    好きな曲。
[PR]
by repaa | 2006-04-24 00:43 | 日記 | Comments(0)

偶然。

d0015489_22264110.jpg


明日行く予定のカフェの隣に、二人の個展をやっていて。
無人で、
私一人しかいないそのスペ-スで、
ぼ-っと観てたこの絵。



土浦敏枝さん。だったと思う。
テ-マは『人』。


 
同じような絵がいろいろある中で、
『無限』という名の絵。
ぼ-っと観てた。



本当は写真撮ってはいけないかもしれない。
ごめんなさい。
残しておきたかった。



21歳の大学生らしい。
目が白目なのに、それほど気持ち悪くなく、
なぜか表情あるように見えて、

絵の価値とか、
上手い下手とか、
解らない。

好きな感じとか、解らない。
ただ、この絵も、
目にしたら、しばらく観ていたくなった。
それだけ。


明日、また観に行こう。
[PR]
by repaa | 2006-04-21 22:26 | | Comments(0)

4/20 GRAND OPEN

d0015489_052640.jpg


東京で一番新しい映画館!
っていうキャッチフレ-ズに、行きたいなと軽い気持ちで応募したら当たったから、
錦糸町に行って来ました。


って、今日が本当にオ-プンとは知らなかったなぁ。
OLINAS。
でっかいショッピングセンタ-みたい。
錦糸町のイメ-ジが、変わった。
駅は思ったより大きい。
ここOLINAS周辺は公園があったり、
まるで郊外に来た感じがした。

4階に映画館があるのだけど、
スクリ-ン数8箇所。
ゴ-ジャス。
アメリカぽい。
足元にはゆとりがあるし。
傘立て、鞄かけ、イスは分厚いし、
また来たいなと思った。
もっと小さいスクリ-ンの所でも観てみたいし。
あのポップコ-ンのお皿。持ってみたい。触れたい。笑。


で、肝心の映画と言えば・・、
笑った。
クル-ゾ-警部(スティ-ヴ・マ-ティン)のような人嫌いじゃないなぁ。
ザニア(ビヨンセ・ノウルズ)。
知らずに観た。女優じゃないな、歌手かなぁって思って観てた。
え!あれがビヨンセ?!
キレイだった。
エンディングも彼女の歌かなぁ。
あ~、CD聴きた~いと思った。

ジャン・レノも出てるし、キャスト豪華だなぁ。
1963年ピタ-・セラ-ズが演じた原形の方、機会があったらみたいな。
[PR]
by repaa | 2006-04-21 00:05 | 映画 | Comments(0)

疲れてる気がする。

何か、さっき言ってた、ももいちご食べたい。
それ食べたら元気になるはず。笑。
一粒1200円~1300円するらしい。
食べてみたい~。


新庄が野球引退しちゃうらしいし。
一度観てみたいなぁ。


海外に旅行したい。
ふらっと消えたい。
いつも決まってしまってる日常からトリップしたい。


行きたい所はいっぱい。



フジの追加バンド嬉しい。観たいと思ってた人ばかりだ。
そして、レミ野外と被ってない!
更に、サマソニ観たい方に行ける。
本当ならウキウキして仕方ないはずだ。
けど、嬉しいはずなのに、
予定がライヴだけになるのが何かなぁ~。


新しいワクワクするような事ないかなぁ~。
フェスは楽しい。
ライヴは楽しい。
もっと、面白い事ある気がして、
よくばりに思ってしまう。



スパルタのライヴ、行きたいな。
この間の代官山UNIT行けばなぁ・・・チバッちにも逢えたのに。
あ~、でも最近客層変わったらしいから、
違っちゃうかもなぁ。
伊東さんのギタ-聴きたい。
あの音、スパルタの音好きだなぁ。


BGM:SPARTA LOCALS 『sugar』
    ライヴで聴いた時、めちゃ良かった。また聴きたいな。
    またヨツウチあるといいのに。
    フジファブリック、ドラムの足立さん脱退してそれどころじゃないかなぁ。
    めちゃ、フジもスパルタも楽しかったなぁ。
[PR]
by repaa | 2006-04-19 23:21 | 日記 | Comments(2)

ごちゃごちゃ。

パソコンが直った!
んっ??
点かない。
ん?!
・・・・・?

なんて悪戦苦闘。
原因はモデムと電源の間の線が片側切れてたみたい。
中の線が切れてて、外からはよ~く見ないと分かりづらかった。
電気屋に行ったら、ないのね。
まるちゃんが見たかったから、
一か八かで、勝負した。
直った。喜。
思い切って線全部切って、繋いで、接着剤使って。
ドキドキした。笑。


おとといの日曜は楽しかったな。多くは語らず。笑。


月曜日は、辻コ-スケさんの太鼓?観た。
辻さんのTシャツ、前の方まで汗が。。。
そりゃ大変だろうな。
スティックとは違って、自分の手から音が生まれるから。
吉祥寺な人々に紛れて、
気分はアフリカに行ってた。
前にも、アフリカ人のライヴ観た事あったけど、
あの楽器だけって初めて観た。
振動が来る感じがした。
最後の曲が気持ち良かった。

火曜日、まるちゃんが観たかった。
あのキャスティング絶妙!
いい!
まるこが里恋そっくり。
あの地団駄の踏み方。脹れ具合似てて笑った。
大爆笑は、藤木の不幸の手紙。
私も小学生の時流行ってた。
ウケタ~。
トモゾウ可笑しい。
私もおじいちゃんに逢ってみたかったな。
私が生まれる前にもう天国に行ってしまってたからなぁ。
トモゾウとは違うと思うけど。笑。
泣かせる部分あったり、泣いたし。
ちびまるこは侮れない。
可笑しくてホロリとさせられちゃったよ。


頭の中のBGM:踊るポンポコリン♪
          何でもかんでも皆~踊りを踊っているよ~♪
[PR]
by repaa | 2006-04-19 00:34 | 日記 | Comments(0)

こわっ

土曜日、
朝に少し起きて、
ちょっとした用事済ませては、
何もないなと横になってたら、
気付いたら20時過ぎてた。


げ。


そんなに疲れていたのか。



テレビをダラダラ付けてみる。
映像より、音が耳に入る。
何言ってるか聞いてない気がする。
BGMが主役になってる。
変なテレビの見方してるなぁ。



オリエンタルラジオの藤森くんは体調崩してたらしいけど、
1週間休んで回復したらしい。
良かったね。

少し前に、カッコイイ武勇伝観た。
テレビだけど。
飛び込まなくちゃいけないあっちゃんに対して、
コンビだなぁって思った。
今まで観た中で一番カッコイイ武勇伝でした。
生で観たいなぁ。

まずい、寝なくては。
[PR]
by repaa | 2006-04-16 00:52 | 日記 | Comments(0)

マチュピチュ。

d0015489_23235749.jpg


モ-タ-サイクルダイアリ-ズ。


おそらく2004年作。
本当なら、一生見逃していたかもしれない作品。
ロ-ドム-ビ-に惹かれていなかったし。
ただ、ガエル・ガルシア・ベルナルが出てるのは気になっていた。
『天国の口、終わりの楽園。』という映画の宣伝で雑誌見たのが最初だったと思う。
恵比寿の映画館で、その映画観て、
そして、映画よりも、映画館の出口付近にあったインタビュ-のガルシアの
雰囲気と笑顔に好感もって帰ったの覚えている。
この人は、英語・スペイン語・イタリア語・フランス語に堪能。
両親が俳優。
メキシコ生まれ。
17歳からロンドンで演劇の勉強をしたり。
面白い俳優さんだと思う。


最後のエピロ-グに、その後の二人が語られてる。
実話。
エルネスト・ゲバラ・デ・ラ・セル(のちにキュ-バ革命を起こした張本人)
アルベルト・グラナ-ド。
23歳と29歳の二人が南米を旅する。
ただそれまでの話と言えば、そうなんだけど。
多分、この映画を10代に観てたら、今と違う人生だったかもしれない。
何もその頃の私は、今みたいに感じなかったかもしれないかもしれないけど。

何か、影響受ける映画だ。


映像が白黒の切り抜かれた写真、ではなく、
微妙に揺れたりしてて、この監督やるなぁと思った。

脚本はもちろん撮り方も好きだなぁ。



印象的なのは、エルネストが手紙読むシ-ンと、
お世話になった目上の人に、彼の書いた小説を、ケチョンケチョンにけなすシ-ン。
誕生日は今日しかないからと言って、夜の川を泳ぎ切るシ-ン。

この人は実直過ぎるくらい実直で、
アルベルトは、
適当で、要領良くて、
そして本当はまじめ。


世の中には、凄い人が沢山いるなぁ。
知らない事が多過ぎる。
知らなくて幸せな事もあるけど、
やっぱり、知る行動をとるって大事だと思った。
/ モーターサイクル・ダイアリーズ | Excite エキサイトミュージック
[PR]
by repaa | 2006-04-14 23:23 | 映画 | Comments(0)

 ブログを始めたきっかけは、とあるバンドのライヴレポを書きたかったからなはず。 (たぶん、笑)。 感謝してます。 日々の好きな事つらつら書いてます。


by repaa
プロフィールを見る
画像一覧