カテゴリ:ライヴれぽ( 73 )

join その後

d0015489_09375259.jpg


一番最初に撮った観覧車。
一人で乗りたいって、変わってる。
私は乗ってない。


3連休で晴れたの土曜だけみたいで。
やっぱり晴れ女だったのかなぁ。



日曜日、『アッコにおまかせ』録画してみた。
やっぱり、「岩見沢の皆見てる?」とかコメントしてくれたのが、凄く嬉しくて。
フェスマジックですな。


音楽の力って凄いなぁ。



向こうからの寂しいと言ってくるのと、
めめさんの意地ぱりと、
疲れて?今日休んじゃった事とか、
ぐちゃぐちゃな感じの、
だめダメさんな感じも、


癒してくれる。



BGM:RADWIMP『いいんですか?』
   直球のラブソングなんだけど、この曲聞いてるとダメな自分が慰められる。
   『いいんですか?いいんですか?』『いいんですよ~いいんですよ~』
   
   音楽っていいな。
[PR]
by repaa | 2016-07-19 09:56 | ライヴれぽ | Comments(0)

JOIN 3

朝8時過ぎに家を出る。
フェスにしては、随分遅い。
ゆるく、まったり、子に合わせ。
ただ、『The Birthday』観れたら、それでいいと思ってた。

タイムテーブル観たら、観たいバンドカブリまくりだし、
そんな夜いれる訳ないし、
諦めてた。

意外とスムーズにすすんで、チケット変える手続きも、
思ったよりすんなりで。


入場してすぐ、遊園地で遊べた。

『WANIMA』
フェス1発目、ゲストに松山千春さんを迎えました~と『果てしない大空に~』と歌いだした。
フェス1番手って、陽気な人が任命されるのだろうか。


フェスで、皆のバンドTを見るのも楽しみの一つ。
私が見た感じでは、このバンドか『KEYTALK』が多いような気がした。


それより、おそろが多かった。
カップルだったり、友達、親子でも、何かしらおそろ。
そして、アディダスのデカリュック。


聞きながら移動して、ご飯。


『さかいゆう』
子の友達と全く同じ名前だから、観る事に。
そんな理由で来てるのって、うちら位だろうなぁ。


皆、メガネかけてる。
声綺麗なんだけど、日本語と英語のバランスが気持ち悪い。(ごめんなさい)
基本的に、どっちかが好きだからだと思うけど。

高知出身らしく、よさこいとか、
そして坂本九の『上を向いて歩こう』。
キレイだった。
上手いし。

ギター、恐らく日本で一人しか引いていないだろうみたいな事言ってたけど、
私も初めて見る形で、
そのギターと『上を向いて歩こう』聞けたし、
良かった。


『MONKEY MAJIK』
このフェス初、子無し。
始まったら、すっごく良い天気になって、『Around The World』から始まり、
『空はまるで』で締めくくり。

全然違うのに、なんかモンパチ思い出す。
ツインボーカルだからか。


初の北海道フェスって言ってた。
帰る時、制限かけられたから、かなり人入ってたと思われる。
何も考えず、楽しんでた。心が洗われてた。


『KANA-BOOM』
終わりかけだったのかなぁ。
覚えてるのは、思ったより声高い、可愛い感じなんだな。
中央のモッシュ。危険。
これは、大丈夫かしら。。
もう、あの中には入りたいとも思わないな。
でも、どっか懐かしい。
敬愛する長澤まさみちゃんの映画の主題歌になるそうで、浮かれておりました。



『木村カエラ』
前もフェスでカエラちゃんを観たと思うけど、
良い意味で、全然変わらない。
むしろ、声が可愛くなってる。
本当にママ?!

静かな曲やりますって言うからバタフライだと思ったけど、
『リルラリルハ』
アコギ。
大好きなこの曲が、カエラちゃんにとっては、静かな曲かぁ。
ほけーっと聞いてた。

北海道フェス初らしい。

めめさんもカエラちゃん好き。



『ぼくのりりっくのぼうよみ』
大プッシュされてるアーティストですな。
10代で、新しい音楽で、
声も良くて。

純粋にメディアに踊らされて、観てみたかった。
感想。
10代で、初のフェスと言ってけど、
緊張もしなければ、
世界に入りこんでたり、
そうかと思えば、ファンと受け答えしたり、
何だか、
フレッシュの欠片は一つもなくて、
彼にとっては、他愛もない事の一部のように、
動じる事もなく、
このまま人気者になってゆくのか、
ハタマタ??

10代にしか出来ない勢いや、荒削りな感じが全く無くてびっくりした。
完成形?

*『orange range』に向かう人の多い事多い事。やっぱり入場規制出てた。


『KEYTALK』
最後の曲聞きながら歩いてたけど、かなり楽しい曲。
ファンの皆も良い顔してました。
思わずジャンプ一緒にしながら歩いた。


『和田アキ子』
roseステージに戻ったら、びっくり。
奥の奥まで、タオルブンブン。
大いに盛り上がってた。
めめさん、歩きながらブンブン、それはそれは楽しそう。
さすがに歌上手い。
調子が出てきた所で、最後の曲『夢』。
また来てよの声に、私は土日忙しいのよ、『アッコにおまかせ』で。
この後すぐ帰って、6時に生放送の為に出なきゃいけないと言ってた。
また来るよと言わない所に好感もてた。



『The Birthday』
大本命です。
『広いな~』の、ちばっちの声に、
フジのグリーンの方が広い気がするけど、
そこからの景色からみるとグリーンより広いのかなぁ。

『涙がこぼれそう』、大好きな曲だけど、
何故何故って位、音響が酷くて残念だった。
フェスだし、仕方がないと思っても、何故この曲でと思わずにはいられなかった。
 

遠くの遠くでまったり聞いてたから、そのせいもあるけど、
この時から、北海道では肌寒くて、長袖着る人多かった。


まさか、またフェスに来れると思ってなかったから、
これて良かった。
凄く楽しくて、凄く反省して。



不思議な感じだった。



めめさんはキッズのバンド、思い出と外そうとせず。
遊園地含めてだけど、楽しかったみたいで良かった。




BGM:Softhy『ユーチューブの即興ソング』

もし、今日も行けてたら、この10代の女の子観たかったな。
初々しくて、雰囲気が楽し気で。
[PR]
by repaa | 2016-07-17 11:02 | ライヴれぽ | Comments(0)

JOIN 2

d0015489_08340502.jpg



フェス飯は、美味しい処が多い。
ここで、JOIN限定バーガー食べた。
パン自体が美味しい。



そして、写真撮り損ねたけど、ピザ。
フェスなのに、釜持参で、お店で食べるのと同じ感じ。
値段が850円とか900円だから、激空いてたけど、待つの苦手な人はおすすめ。




そして、穴場、遊園地の食堂。
きちんとテーブルとイスあるし、ガラガラ。
味を余り期待しない人におすすめ。
[PR]
by repaa | 2016-07-17 08:32 | ライヴれぽ | Comments(0)

JOIN

d0015489_08091872.jpg


7年ぶり位かも。夏フェス行ってきた。
JOINは初。


近いといえば近いし、子連れオッケーな感じぽいなと参戦したけど。
反省。大反省。

そうなる事も予測出来たのに、ダメ母全開だった。
帰り道まではルンルンで帰ったのに、夜から落ちた。。


やっぱり、5歳児連れは早過ぎた。
もしくは、人数増やすか。。



疲れたから寝てると言った子に対し、
観たくて、離れて『MONKEY MAJIK』。
ご機嫌で帰ってきたら、隣のお姉さんにヒエピタもらってるし。
よく考えたら、凄く暑くて、そして一人にさせて、
これじゃ、パチンコ行って、車の中に置き去りにして死なせた親と同じ事ではないかと。
『ガーン』
しかも、帰ってからお菓子まで頂いていたという事が発覚。


きちんとお礼出来てない。
申し訳ない。
恥ずかしい。
自己嫌悪の嵐。

隣のお姉さんのおかげで、熱中症にならずに済んだかも。
ありがとうごさいます。


本当、ずーんと落ち込んだものの、凄く楽しくて。
そこは、やっぱり、フェスいいなと思った。
やりたい事の半分も、子連れだから出来てないけど、
思った以上、観れて、嬉しかった。 
[PR]
by repaa | 2016-07-17 08:07 | ライヴれぽ | Comments(0)

めめ初めてのコンサート

d0015489_2148050.jpg


しまじろうのクリスマスコンサートへ。

母にならなければ、一生縁が無かっただろうなぁ。


繰り返しくる、ベネッセからのDM。
すぐ捨てるが多かったけど、DVDが入ってて。
試しに見せたら、はまりにはまって。
しまじろうって、売ってない。
会員の人しか手に出来ない。
戦略上手い。
小さい子とアニメと、実在してるものを上手く組み合わせ、
親にも、上手な叱り方とか、トイトレとか、
玩具も知育ぽいし。
うちも入る事に。

そしたら友達が、行かない?!
と誘ってくれて。

めめさん、初コンサート!!
前半は、キョトン大人しい。
後半は、慣れて来たのか、前に行きたがり困った。

楽しそうだった。

しかし、母ぐったり。
めめ、体力有り余り。

めめも、ライブ向きだな。


がおがおさんも出て来て、私も楽しめた。

テレビつけると、アンパンマンかしまじろうになってしまう為、
凄く詳しくなる。

1歳の時は、断然、アンパンマンのポッポちゃん(SLの赤ちゃん)だったのに、
今は、歌が好き。
お遊戯の歌とフリ、好きなんだね~

クレヨンも、しまじろうの書き方付いてたり、
中も可愛いし。何より本人嬉しそう。


BGM:PUFFY『トモダチのわぉ!!』
しまじろうのTVのエンディング。わ、PUFFYだ!と驚く。
変わらない二人だなぁ。
[PR]
by repaa | 2012-11-09 21:48 | ライヴれぽ | Comments(0)

7年超し、夢叶う?!

d0015489_20582268.jpg


昨日ですね。
遂に、遂にこの時が。

このブログを始めたきっかけが、ペンパのライブレポを自分なりのを残したかったから。
始めたら、休止。そして解散。
運が良いのか、解散ライブは見れなかったから、
やっぱり自分の中では終わって無かったのだけど。


凄く嬉しかった。
凄く幸せだった。
2曲目から、うるうる。
でも、泣けなかった。
楽しかった。

ペンパが復活してたのは知ってたけど、
自分が一番の生活ではないから。
でも、向こうが有給休暇とってめめの面倒みてくれた。
自分のエゴで会社休ませて、本当にどうしようもない妻だけど。

本当に嬉しかったな。

青木さん若くなったんじゃないの?!
かみかみ無かった!楽しい前説。

盛ちゃん、短パンじゃない?!

でもペンパだった。
会場の中の皆も、どっか見たことありそうな人人人。
輪モッシュも。

林君ジャンプしなくなった?!

何か、欣ちゃんかっこ良さげ?!

私も軽くぶっ飛ばされたり、ダイバー来ない所とふんだ所に、2回も食らってしまった。
もう歳だなぁ。

Tシャツになるつもりもなく緩くみるつもりが、
皆と同じく、まだ懲りずTシャツ買って、
汗だくになって。
何だか、歳考えず。
ハードな楽しみ方してしまった。


初期の曲しか基本的にしないらしい。
ちょっと勿体ない~
確かに、曲ってあの頃思い出してしまうから、
また、林君の心の負担になってほしくはないけど。
楽しくて仕方ないってライブ、
いっぱいあったのになぁ。


また、いつペンパのライブ観れるか分からないし、
タワレコのポイントもとっくに切れる位、音楽に触れてないけど、
やっぱりペンパルズは、ライブやってて欲しいな~


BGM:『Can't get enough』PENPALS
好きな曲。
[PR]
by repaa | 2012-10-27 20:58 | ライヴれぽ | Comments(0)

A―1

d0015489_21223862.jpg

oasisJAPANツアー最終日。
やっぱり行って来た。笑。


ライブも久々なら、
音楽を聴くのも久々って位。
全く関りのない生活。


テンションが、oasisのライブだというのに上がらず、
きっと後ろの方でゆっくり観てるんだろうなって思った。


前日のWBCのせい??バッティングセンターで筋肉痛。
何だか身体がダルイ。
体力が心配だった。


16時頃、幕張到着して、ロッカーやけに空いてて、
ラッキーだなって思ってたら、
橋渡った向こうだったからで。
晴れてたとはいえ、夕方の春の季節にTシャツ。
笑うしかなかった。


寒さと格闘しながら、ゆるく入ったら、
前座バンドが、イギリスぽくて。
そのバンドが良いとかではなく、リアムはここからよく観れるか、
そんな事ばかり気にしてた。


全然胸も高鳴らなければ、緊張もしない。
何なんだろうって思ってたら、
リアムが現れて、
oasisの音が流れたら、
身体が、
気づいたら前に行ってた。
身体が、
中央は危険と察知したのか、
左前へ進んでいく。


初めの3曲?『モーニング・グローリー』までしんどくてキツかった。
それ以降は、oasisは聴かせる曲が多いし、落ち着いた。

リアムがゴルゴみたいな髪してた。
最後ら辺、スポットライト当たってないのに、
左側の壁?に寄りかかって、頭に手をあて、うちらの事ずっと見てた。
印象的だった。


ライブ、正直、
1日経って、分からない。
すぐ前の人や、他にもいっぱい携帯でムービィーや写メを撮っていて、
折角のライブなのに、他の人の携帯の小さな枠の中のメンバーを観るという、
ゲンナリだった。
心の中で何度、携帯を折ったんだろう。
空手チョップをきめてた。


リアムも他のメンバーも大人なのか、
ちゃんとライブしてくれた。


ノエルが声かすれてたように感じた最初。
終わってから、ノエルボーカル増えてる。
ノエル歌いたいんだな~。
漠然と思った。


終わった後、靴に嫌な感触。
誰かのガムが、くっ付いてきた。



でも、それでも、
終わった後は、やっぱりoasis好きだなって。
やっぱりいいなって、
やっぱり満足してて。
逢えた事が嬉しくて。
やっぱりバカだなって。


おおーーーっつoasisがフジに!!!!!!
これは。


やっぱり好きになったものは、ずっと好きなんだなぁ。
リアム、やっぱりかっこ良かったな。


BGM: oasis 『MORNING GLORY』
     カッコ良かった。
[PR]
by repaa | 2009-03-30 21:22 | ライヴれぽ | Comments(0)

10/1 oasis祭り

d0015489_2134630.jpg

最近忙しさとプレッシャーで少し押しつぶされそうになりつつ、
9/30oasisのニューアルバムを入手。
こうきたか~
確かにノエルの帯コメントに『作りたかったのは「聴く」音楽ではなくて、
「体感」できる音楽だった』って分かる気がする。
ここまでくると、
どんな音楽だとしても、
oasisってだけで無条件で好きな音楽になる。



発売日に合わせて、
久しぶりにオライシスかもと、
下北のライブハウスDaisy Barに行く。


ずっとoasisが流れてる幸せ♪
DJの片平さんや新井くんが、
相当なoasisファンで、レコードからかけてくれたりして、
ジャケ見るだけでも幸せになる。


最近聴けてなくて、
家に居る時はもちろん音楽はたまに流れるものの、
向こうの好きなサザンばかりといっていいほどで。
確かにサザンも好きではあるのだけど、
飢えてた。

今考えると、
oasisをこれでもかこれでもかと流れる音に、
泣きそうな位幸せを感じた。


だから、新井くんがリアムが書いたと思われる『Ⅰ'M OUTTA TIME』
が良い曲だよねって言ったから、
本当にしみた。


どちらかと言えば、oasisより新井くん片平さんのファンばかりだったけど、
新井くんが本当はオライシスやりたかったのだけどと、
言ってくれただけで、
それだけで嬉しかった。

来日したらまたやるなって期待をしつつ、
のりのりでとっくに23時を回ってたから最後までいないて帰ってしまったけど、
大大大満足で帰りましたとさ。
[PR]
by repaa | 2008-10-08 21:34 | ライヴれぽ | Comments(0)

サマソニ08 まとめ

d0015489_14373023.jpg

写真はサイレントディスコ。
ほんの少ししかいなかったけど。
面白い。
ヘッドホンで2つのスイッチ選べて、
二人のうち好きな方のDJの曲を選べるの。
これは面白い。
はやりそう~
いや、もう流行ってるのか。


『SUPER FURRY ANIMALS』をちら見して、
『NEW YOUNG PONY CLUB』
え!女の子ボーカルか~
で『JUSTICE』 。
二人組男性のDJ。
パンパンに膨れ上がったマウンテンを見て、
ヤバイ『FATBOYSLIM』 の時入れないかもと焦る。
ちょっとしか聴かなかった。
無知って時として残酷。
イイ音楽がそこにあるのに、知らないのは勿体無い。
いっぱいいろんな音楽聴いてればこんなに歯がゆい想いしなかったかもしれない。
でも遅いや。

『WAGDUG FUTURISTIC UNITY』
3年前、
マリンステージで多くのオーディエンスを楽しませてた、
ザ・マッド・カプセル・マーケッツのKYONOのニュー・プロジェクト
らしい。
激しい。激しい。激しい。
ダンスステージの名の通り、皆踊ってた。
マッドの時はないMCが結構多くてびっくりした。


『DEVO』
マウンテンに入れなかったら嫌だ~って行ったら。
拍子抜けな位、人が減ってた。
30年変わらない可愛い赤い帽子を被ったおじ様達がそこにいた。



そしたら『HADOUKEN!』観たいよ~見たいよ~ってまた戻る。
期待通り。楽しい!
きっと前はもっと楽しい。
きっとそう。
泣く泣く後方にいたのはすべてFATBOYSLIMの為。


本命『FATBOYSLIM』
感動した。
予想以上に、笑顔の素敵な人。
本当はCOLDPLAYと迷ってたりした。
だって多分良いと想像がつく。
『YELLOW』 大好きな曲だし。
レポとか見ても、スマップの『世界に一つだけの花』とか日本語で歌ったとか聞くし、
あ~やっぱり、やっぱり、クリスは凄いのかと思った。
思ったけど、
やっぱり私は『FATBOYSLIM』観たかった。
ノーマン・クックに逢いたかった。
地元イギリスのブライトンで25万人ビーチでDJイベントした人。
しかも無料にしてサングラスとかも配ってたらしい。
気のいい人。
『動物好きで家庭的、入れ歯は一本もなし』って言ってた。

昔はベーシストとして売れたミュージシャン。
いろいろ音楽活動して、
そして離婚のショックで精神衰弱。
2年の音楽活動停止。
友人につれられたクラブでRobert Owens の歌う"I'll Be Your Friend"
で人生の転機。


マウンテンは皆踊ってた。
楽しそうなノーマン見て、こっちも更に嬉しくなった。
トキドキ真剣な表情に、
すべてが計算されてプレーしてるかもしれないって思った。
うさぎの被り物したり、
あーいう歳の取り方したいな。

『フランキー・ワイルドの素晴らしき世界』という映画を思い出した。
天才DJの話。

ノーマンにこれからいっぱいの幸せが来るといいな。
音楽はもちろんだけど、人として大・大・大好きになった。
ブライトンに行ってノーマンのDJで踊れたらな~
いいな~
夢を持ってしまった。笑。


BGM:FATBOYSLIM 『The Rockafeller Skank』  
[PR]
by repaa | 2008-08-12 14:37 | ライヴれぽ | Comments(2)

サマソニ08 パート3

d0015489_1444882.jpg


二日目。

『THE TING TING』 
二人組みは知ってたけど、
ドラム叩きつつ、ベースもとか、器用な二人。
ケイティがデパートに勤めてた時に、
一緒に働いてた中国人女性の名をバンド名にしてしまうトコとか。
面白い。
パーティミュージック。
期待通りだった。
曲調が似すぎて、飽きてしまった自分にがっかりだったけど。


『VAMPIRE WEEKEND』をチラ見。さわやかバンドだった。

規制かかってるというアナウンスがありながら、
ビーチステージへ。

『ET-KING』
知らなかったけど、イイ!!
まっすぐストレートな詞が胸にささる。
思わず聴き惚れ。
フェスのイイ所はこうゆうトコ。
全然知らない音楽が、大好きになるところ。
土手で観たから、皆の楽しそうなタオルブンブンしてるトコとか、
後ろの海。
ステージ。
最高!!

 
『湘南乃風』
只一曲、『純恋歌』が聴きたかった。
ライブ見て見たかった。
タオル振り回したかった。
予想以上に前のET-KINGが良かったから、
だらだらDJの時間やMCが長くてテンション落ち気味だった。
期待し過ぎたなと。
失敗したかもって思った。
けど、やっぱり生『純恋歌』は良かった。
何だか泣きそうだった。
ちょっと感動した。

写真はビーチステージ。
[PR]
by repaa | 2008-08-12 14:04 | ライヴれぽ | Comments(0)

 ブログを始めたきっかけは、とあるバンドのライヴレポを書きたかったからなはず。 (たぶん、笑)。 感謝してます。 日々の好きな事つらつら書いてます。


by repaa
プロフィールを見る
画像一覧