カテゴリ:FUJI ROCK FESTIVAL( 23 )

忙しいのか?

フジの事、もう少し詳しく残したかった。
デジカメで、かなり撮りまくった。

fall out boyの人達が撮っていいよって言ったから、
慌てて撮った写真も中には入ってる。


2009年、2回目のフジは、過酷だったな。
本当、1日目のトリがoasisでなかったらとっくに宿へ戻ってた。
朝から、並びまくり、並びまくり、8時半位には越後湯沢に着いたのに、
スカパラも見れず。

寒さと雨と夜で、本当ヤバかった。
あんなに遠くでoasisを見た事なんてなかったな。
リアムが、歴代見た中で、最悪だった。
それに対して、ノエルが、今までで一番声がとおってた。

ノエル歌いたいんだなぁ。


ほぼライブ通り、いやそれ以上のセットリスト。
皆、よくあんな天候の中、いたね。
oasisファンは強いわ~
[PR]
by repaa | 2009-08-23 00:59 | FUJI ROCK FESTIVAL | Comments(1)

30日間の限定公開。


[PR]
by repaa | 2009-08-23 00:38 | FUJI ROCK FESTIVAL | Comments(0)

3年ぶり!7/24.25.26

d0015489_23581640.jpg


忙しぶっていて、準備も程遠いままフジロックが来て。
久々の苗場は、やっぱり、凄く楽しかった。
1週間経って、
現実には戻されてるのだけど、
今度は、準備万全で、
フジロックと向き合いたいとか。
なんだか、またフジロックに行く!!
漠然と考えたり。


フジって一筋縄で行かないところが、
更に素敵だ。
簡単に出来ないから、ハマる。


1日目の死ぬかと思った程の天候。
2日目の、体力が無く、諦めてしまったバースディのライブ(かなり観たかった)。
3日目の、一番前で観た、ウェザー。


それ以外もやっぱりフジロックって、別格に楽しかった。
行くのがだんだん厳しくなるって解ってるけど、
出来るだけ、やっぱり参加したいフェスだな。


フジロック、最高ー!!
[PR]
by repaa | 2009-08-02 23:58 | FUJI ROCK FESTIVAL | Comments(0)

fuji最終日。

d0015489_1444364.jpg


最終日が一番バランスよく観れた気がする。
凄い良い天気で、気持ち良かったな。
38枚のフジの写真。
ライヴ自体を楽しむのはもちろんだけど、
自然、マイナスイオンの森林を歩いたり、美味しいご飯食べたり、
川で遊んでみたり。
フジの良さを一番体感出来たのが、最終日な気がする。


朝は急がず、ゆっくりめに出発し、
過去最高に凄い所、旅館という名の合宿所を後にし、向かう。
方向音痴な私は、ここで迷ったなとか、既に思い出が沢山。
何だか、思い出をかみ締めるように歩く。



ヘヴンの距離を確かめてみようかと、行ったら『らぞく』が歌ってた。
今年で結成10年、フジと同じらしい。
フジはこういう大人なバンドが多くていいな。
だからまったり楽しめるのかもしれないな。

『ISIS』はボ-カルなしのバンドで、
近くのところ天国の川辺で、くつろぎながら聴いてた。
川ではワニ浮き輪で、こんな浅い川を漕ぐ人がいて盛り上がってみたりしてた。
こんな感じは、やっぱり自然の中にいて楽しめる事だと思う。
隣の人が生トマトを食べるのもいい感じだ。



そして、大本命!!『ライノセラス』
右寄りだけど、1列目な私。
リハから、ボ-カルが出てきたり、お茶目だった。
ライノセラスは男女2人組のユニット。
ジャンとパトゥは心理学者でもある。
めちゃくちゃカッコイイ、彼女。黒がお似合い。
曲ごとにボ-カルが変わってく。
一人は、浴衣姿で白のブリ-フにマイク通して歌ってる。
普通ならキモイはずが、
素敵な演出に思えるから不思議だ。笑。
てか、私が好きなだけ??
みるみる間に人が多くなって、入場制限もあったぽい。
終わった時動けなかったし。
多分、フィッシュマンズ観る人がヘブンに行こうとしてたの多い気がする。


遠くから『SNOW PATROL』観ていた。
なんてキレイな音楽なんだろう。
沁みたな。


『JASON MRAZ』。
この前の来日のオタク祭りも行かないでしまってたから、
生ジェイソン見れて感激。
あんなオタクだったら大歓迎。
初めて、グリ-ン真ん中最前ブロックで観る。
近い。
カッコイイ。
最初はキャップ被ってた。サングラスしてた。とった。
帽子を変えた。ほんとオシャレな人。
私の中での大感激の瞬間は・・・・・
【この曲は!!!!!!!!!!WONDERWALL!!!!!!】
オアシスの曲アレンジしてやってくれた。
そういうのやってるって知ってたけど、
まさかフジでやってくれるって思わなかったよ。
目から凄い力が出てきた。歌っちゃった。笑。
結構皆も歌ってた。
だってオアシスですから♪
大・大・大満足で終える。


急いで、ヘブンへ。ココグリ-ンからヘブンって結構な距離歩きます。
お目当ては『ゆらゆら帝国』。
『勝手にしやがれ』と同じでゆらゆらは、フェスに出るなら観たいバンド。
2003年神戸のラッシュボ-ルで、私はゆらゆらに一種の衝撃を受ける。
ボ-カルの赤いブ-ツカットのパンツと、
ゆるい、マイペ-スな行動、言動。
カッコ良かった。
流行りを追わず、あくまで自分のスタイルを突き抜けてる所に、感銘。
わ-フジで観れるんだ~。ワクワクしてた。
お!また赤いパンツだ。
長いパ-マの髪型。
ヘブンは人で溢れていた。
ラッシュで観た衝撃までとはいかなくても、
やっぱりゆらゆらはカッコ良かった。
貫く強さを感じた。


やっぱり『THE STROKES』。
10分くらい待たされた気がする。
それを謝ってた気がする。
左のちょい後ろ目で観てた。
いきなり、ジュ-クボックス。カッコイイ曲だなぁ。
この人は、何かセクシ-という言葉が浮かぶ。
前方に駆け寄って、ファンに触らせてた。
前方にいる女の子の、瞳がハ-トマ-クになってる事はかなり想像つく。
遠くにいる私は、ちょっと羨ましい。
いや、前にいなくて良かったかも。
あのセクシ-なオ-ラは半端じゃない。
直で浴びようものなら、人生狂うかもしれない。
あの人は、凡人の私でさえ、女の子なんだって意識させる人だ。
ヤバイやばい。
加えて、優しげ。危ない、アブナイ。



ストロ-クス終わって帰る人や、その前から明日仕事だから帰ってしまう人。
3日間を通じて、一番グリ-ンにいる人が少なかったんじゃないだろうか。
very special guestとして『HAPPY MONDAYS』
往年のという事になるのか?
全然知らなかった。
でも、体が動く。
一番疲れてるはずの体が踊る。
PA後方の大きなスペ-スで踊りだす人が後ろから増えてくる。
帰りながらも、踊りながらの人多数。
もっと後方を見渡すと、皆踊ってる。
それも、すっごい楽しげ。
前方はもちろん、横、後方、
人が少なくなってるのは事実だけど、
帰りながらも、楽しそうに踊りながらの人見たりしても、
皆を楽しく踊らせるバンド、凄いよ。
私の、最終日ベストアクトはハピマンで決定!


フジが終わる。
凄い楽しみにしてたフジが終わってしまう。


バス時間ちょっと前、最後に観ようと決めてた『オレスカバンド』。
女子高校生?スカバンド。
スカ楽しいから、好き。
でもハピマンがアンコ-ル出てきてくれるかもって待ってたから、
観たのはラスト1曲だけ。
その曲は、鈴木あみのbe togetherをアレンジ。
ワォ。
まさか、ラストのフジがアミ-ゴの曲だとは思わなかったな。笑。



そんな感じで、私のフジロック2006はおしまい。
今だ、フジから抜けきれなくて。
楽しくて過酷で、フジに行けて良かったな。
楽し過ぎた。
フジに行ったら、何か人生の形が見えてきた気がする。
こうありたいなとか。
大袈裟なんだけど。笑。
それくらい、私には特別だったって事。
さんきゅ-fuji rock。
[PR]
by repaa | 2006-08-05 14:04 | FUJI ROCK FESTIVAL | Comments(0)

fuji中日。

d0015489_23293653.jpg

もうすぐ1週間経つ。
でも心はフジのままの毎日。
今日、THE CRIBSの沢山ボ-ナストラック(ライヴバ-ジョン)を買って聴いては、
振り返る、fuji2日目。

2日目の主役は自然だった。
あんなに自然の力を感じた事もなかったな。
くもり→雨→晴れ。
晴れ女の私もフジジンクスに少し負ける。
というか、
雨降る中フェスを楽しむのを体感してみたいって思ったら、
降っちゃった。笑。
いつも晴れてた。
だから、雨の中ライヴ観るのは初。
もう少し後で書くけど、
凄いカッコ良かった。



FLELDSを観る。
可愛いキ-ボ-ドの女の子に、背の高い動かないギタ-、
しっかりしてるドラム、優しそうなボ-カル。
そして一番激しい動き、ジャンプをしたりするベ-ス。
このベ-スの方の出番があまり少ないです。笑。
バンドの中で一番激しいのがベ-スって、何かいいな。
全然弾いてないでしょ?って感じもしたけど、目が釘づけだった。笑。

モ-サムとかちら聞きしながら、少し休んだりしてみたり。
やっぱり疲れてる。

あ~~~~忘れてた、フェスに『勝手にしやがれ』が出るなら観たいに決まってる。
1日目、終バス(2時)ぎりぎりまで観たんだった。とは言っても4曲ぐらい。
Crystal Palace Tentで。
あの空間、凄く好き。フジ写no.17のライブハウス。
やっぱり、『勝手にしやがれ』イイ。
大人で、踊る、カッコイイ、楽しい。最後まで観れないのがどんなに辛かったか。。
余程オ-ルしちゃおうかなって迷った。
でも体力心配だなと思って無難にしたんだった。


『VALENCIA』を一瞬見て、


『THE HIVES』!!!
ハウリン・ペレ・アームクヴィスト(Vo)、天才!!!
あんな天才な男の子欲しい。お母さんになりたい。
きっとママは幸せだと思うな。
キレイでカッコ良かった。
サスペンダ-がスタイルがク-ルだった。
ハイヴスの時から雨が降り出したのだけど、
雨に一筋の光が射すような感じだった。


『KEN YOKOYAMA』
そう、この人のライヴが観たかった。見て観たかった。
叶った。
雨は激しさを増して、ケンさんが言う。
(おまえらが、ぐちゃぐちゃドロだらけになった所みたい)な事。
豪雨なのに、水巻きまくる人。前方はえらい事になってた。
そしてサ-クルモッシュ左回りに、ちらっと参加出来た。
めっちゃ楽しい。
くるくる回る。楽しいドロだらけの靴。
大きな外人さんが歌う、坂本九【上を向いて歩こう】のカバ-は、
この曲が持つパワ-を教えてくれた。
楽しそうにライヴをするケンさんを観て、心底好きそうな男ファン見て、
男の人が惚れる、そういう魅力を持った人なんだと思った。


体が冷え切る、自然の厳しさに、トイレ待ちが1時間以上。
過酷で上手く物事が運ばない面白さ。
BOBかソニックユ-ス観たかったな。
すべてが上手く行く訳じゃないから、楽しい時数倍楽しい。


『電気グル-プ』。
これが半端なく楽しい!!!!!!
海外のア-ティストに全然負けてない。
昔は良さがイマイチ分からなかった。
ピエ-ルが富士山の格好してきた。卓球さんは凄い。
後ろで観るつもりが、引き寄せられて、
周りの皆と踊ってた。
こういう音楽は映像と重なって、フェス向き。
楽し過ぎ。
2日目、私的ベストアクトになった。


『レッチリ』
誰もがレッチリ目当てって感じの人が多かったはず。
私はUK寄りのせいか、そんなにというか、かなりレッチリを知らない。
半分立ち寝してた。
寒さで凍えてた。
映画の主題歌聴けたのが一番残ってる。



本当は、RYUKYUDISKO観たかった。
が、体調からみて、宿に戻った方がいいと判断した。
これが、のちに3日目に向けて大正解となる。


自然と共存してるという実感。
フジはやっぱり、フェスの中で群抜いてる。
一番過酷で、一番楽しい。
疲れきって、お風呂のありがたみを感じつつ2日目を終えた。
[PR]
by repaa | 2006-08-04 23:29 | FUJI ROCK FESTIVAL | Comments(0)

fuji初日。

d0015489_21262418.jpg


前夜祭も、この3日間の為、大人しく寝ていた。
ワクワクしてた。
朝が待ち遠しかった。


早く行ってグッズ買ってとか、珍しくプランも練っていた。
いきなりコケル。
グッズ売り場の半端ない回転率の遅さ。
2時間待って半分くらい。
諦めた。
だって、Tシャツは欲しいけど、
フジでライヴが観れなきゃ意味ないから。
1組目は諦めても、このバンドは諦められない~。


同じ旅館でお風呂で一緒になった子が、趣味が似てて。
その子は『ザ・クロマニヨンズ』観る!って言ってた。
これは観なければって思ったら・・。
ハイネケンの列並んで作ってもらってる瞬間始まった。
あ!
あ!!
甲本ヒロト!!!
知らなかった。ハイロウズじゃなく、クロマニヨンズになってたとは!
ブル-ハ-ツとかの遠い昔から、
凄い人らの印象の、憧れぽい存在だった人らが、ステ-ジに!!!
一気にアドレナリンが出た気がした。
そしてTシャツ諦めて本当に良かった。
あの子が行くって言わなきゃ、観てなかった。感謝。
カッコイイ。半端なくカッコイイ。
朝からロックだった。
そして最後にお決まりの半ケツも見れた。
初めてのフジはザ・クロマニヨンズから始まった。
いいんじゃないの~♪テンション急上昇♪


多分、次『MARTHA WAINWRIGHT』を見た(はず)。
大人な女の人の音楽で、フジのこういう大人な所がいいなって思った。


『TOMMY GUERRERO』、サ-フィン映画にも使われてたはず。
一瞬でもいいから観たかった。
ほんの本当に一瞬だったけど、メガネかけた、予想と結構違った。
もっと長く観たかったけど、本日のメインが待ってるから離れる。

ホワイトからレッドに向かう、通り道にはアジカンが演奏してた。
丁度『君という花』だった。
いい曲だな。ごっち、ピンクTシャツかい。って思いながら歩く。



1日目、一番観たかった『THE CRIBS』。
5列目付近中央にいる私。
知らなかった。こんなに激しいの?!
少し前の来日も行けなくて、初CRIBSライヴ。
このバンドだけで、汗が半端じゃない。熱い。暑い。アツイ。
スリ-ピ-スバンドは、やっぱり好きだな。
最後、ボ-カルがダイヴしてきた。
私の所に。笑。
将棋倒し状態。
一番下になる。
それでもちゃっかり、触っておいた。笑。
汗ダクの押しつぶされまくりの、最後は下敷き。
誰かが、助けてくれた。
Tシャツの袖口が両方手形付いてた。
めちゃ、楽しかった。

汚れたTシャツを洗う為、トイレ方向に向かったら、
あ!ア-トスク-ルの理樹君!!
あの髪型と瞳は理樹君でしょう。ファンらしき人に捕まってました。


『JET』
有名な<ARE YOU GONNA BE MY GIRL>まで聴く。
生であの曲聴けたって、今でも信じられない。



この日の一番の私的ベストアクトは・・『THE ZUTONS』。
観客とバンドと空間が上手く融合された、
何回も見れないだろうなってライヴだった。
サックスの女の子がキュ-トな踊りを披露してくれた。
それなのに、ボワ-としか思い出せなくて。
でも、良いライヴだったっていう残香は残ってる。


フランツを観たい気持ちもあったけど、
アレックスが白黒でスクリ-ン映っててオシャレだなって、
曲を聴きながら、う~観たい~って思いながらマッドネスへ行く。


『マッドネス』・・渋い。カッコイイ。
やっぱり初日の終わりはマッドネスで良かった。
待ってる時、外人に帽子取られて、欲しいって言われた。
あっけにとられた。
返してって言ったら返してくれたけど、びっくりしたよ。
マッドネスに来て良かったって心底思った瞬間は・・
電車出来た事。
ペンパが解散した今、また電車ができるって思わなかった。
感動してた。
フジって、楽しすぎ。あ~一日目はこれでお終い。
[PR]
by repaa | 2006-08-03 21:26 | FUJI ROCK FESTIVAL | Comments(0)

フジ写 No.17

d0015489_23273628.jpg


ここの空間が好き。
[PR]
by repaa | 2006-08-02 23:27 | FUJI ROCK FESTIVAL | Comments(0)

フジ写 No.16

d0015489_23262829.jpg


ここは無料で入れる場所だった。
[PR]
by repaa | 2006-08-02 23:26 | FUJI ROCK FESTIVAL | Comments(0)

フジ写 No.15

d0015489_2325541.jpg


夜~夜中開店の場所。
[PR]
by repaa | 2006-08-02 23:25 | FUJI ROCK FESTIVAL | Comments(0)

フジ写 No.13

d0015489_23241644.jpg


もうすぐお別れのグリ-ンステ-ジ。
[PR]
by repaa | 2006-08-02 23:24 | FUJI ROCK FESTIVAL | Comments(0)

 ブログを始めたきっかけは、とあるバンドのライヴレポを書きたかったからなはず。 (たぶん、笑)。 感謝してます。 日々の好きな事つらつら書いてます。


by repaa
プロフィールを見る
画像一覧