ロシア・ソビエト映画祭。

d0015489_2042193.jpg


昨日、前世がロシア人と言い張る同僚に連れられて、
銀座まで行ってきた。
映画好きだよねって事で。

同僚は、一見普通の人なのだけど、
独特な人。
ハヤリに興味がないし、
けど、興味がいっぱい。
視点が面白い。

私にはない視点で羨ましい。

本当は皆がイイという物よりも、自分だけがイイと思う物とか
そんな視点になりたいのに、
結局はタダの一般的な視点になる私はツマラナイ。



肝心な映画の話。『宇宙を夢見て』
2005年作、監督アレクセイ・ウチ-チェリ。

この作品はモスクワ国際映画祭の最高賞を受賞してる。
いや~今まであった事のない感覚だった。
シュ-ル、でもない。
何て言えばいいのだろう。
つまらなくない。どっちかと言えば見入ったし。
つじつまの合わなさ。
その後のゲルマンはどうなったのさぁ~。
終わりが初めて人工衛星スプ-トニクの打ち上げに成功したガガ-リンが
ぽっと出て終わるという。
でも、何か分かったような分からないような。

観て良かった。
だって、やっぱり滅多に観れないよ。
え!え!え!
ある意味で展開が読めないし。笑。


監督の舞台挨拶あったけど、
カッコイイおじ様って感じだったけど、ロシア人は奥が深い。
機会があったらロシアってのもありかも?
[PR]
by repaa | 2006-07-06 20:42 | 映画 | Comments(0)

 ブログを始めたきっかけは、とあるバンドのライヴレポを書きたかったからなはず。 (たぶん、笑)。 感謝してます。 日々の好きな事つらつら書いてます。


by repaa
プロフィールを見る
画像一覧